旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続6日目

スペインの国境を超えてすぐの道路脇の小さな広場で、半裸の白人二人が
荷づくりをしてるのが見えた。
横には自転車が二台ある。どちらからともなく手を振る。僕は少し迷った末に、
そちらに自転車を寄せて話しかけてみた。

お互いたどたどしい英語でコミュニケーションをとってみると、
彼らはフランス出身でアテネを目指しているらしい。途中途中で僕とルートが被る。
それじゃ、しばらく一緒に行こうかということで走り出した。

左がアレックス、右がオーレリアン。
DSC_1436.jpg

彼らは一ヵ月半程かけてフランス、スペイン北部を通り、ポルトガルを南下してきたそうだ。
ただでさえ体力がある方ではない僕は、上り下りが多い道と相まって、
自転車旅行慣れしている二人に付いていくのにかなり苦労した。

一人で旅している時は疲れたらすぐに漕ぐのを止めることが出来るけど、
一緒に走っているとそういう訳にもいかない。
もうだめだと10回くらい思った。だけど何とかなった。
僕の心が叫ぶ「もうだめだ」はどうやら全然だめじゃないらしい。
この教訓は日本に帰ってからも忘れないようにしたいと思う。

この日の道。緩やかな上り下りがずっと続きかなり消耗する。
DSC_1437.jpg

国境から25kmほど走り、オリーバ・デラ・フロンテラという町に着いた。
バルのテラスに座って3人でコーラを飲んでいると、遠くからがまがえるの断末魔のような音が
断続的に聴こえてきた。
そちらを見てみると、四歳くらいの双子の女の子が片方の手で母親の手を握り、
もう片方の手で、おもちゃのラッパを交互に吹き鳴らしていた。
その瞬間、僕はこの国をすごく好きになれそうな予感がした。

その予感が当たってることをその日のうちに確信していく。
この国の人たちはとても人懐こい。例えば、宿の場所を誰かに訊くと、
周りにどんどん人が集まり話に加わってくる。
町は遅い時間まで活気がある。子供連れや老人が12時近くまで平気で出歩いている。
世代間に断絶を感じない。こういう子供がこういう大人になって、
こういう老人になるのかと想像することが出来る。

ポルトガルでもスペインでも観光地以外では英語がびっくりするくらい通じない。
ポルトガルではご飯を食べれて、宿に泊まることが出来るくらいのコミュニケーションが
出来ればそれでいいかと思っていた。だけどスペインの人たちにはこの人たちと
コミュニケーションをとってみたいと思わせる魅力がある。
この国に滞在している間にスペイン語を勉強しようと思った。

この日の走行距離約60km(ロカ岬からの距離295km)。

7日目

スーパーで食料品を買い込み、建物の日影で朝食をとる。
買い物かごいっぱいになった食料品を見て、「それ何日分?」と訊くと、
「今日の分だよ」と返ってきてびっくりした。
自転車旅行を始めて僕もだいぶ食べる量が増えているけど二人には全然及ばない。
DSC_1455.jpg

この日も上り下りの多い道が続く。というか平坦な道がほとんどない。
DSC_1461.jpg

日差しもきつく、対して進んでないのに疲労がたまる。

夜にサフラという町に着いた。この町はセビリヤを目指すかコルドバを目指すかの分岐点になる。
コルドバを目指す僕はこの町に泊まり、セビリヤを目指すアレックスとオーレリアンは先に進む。
バルセロナあたりでまた会おうと言って、僕等は別れた。
彼らからは旅の楽しみ方をたくさん教わった。

この日の走行距離約60km(ロカ岬からの距離355km)。
スポンサーサイト

コメント

No title

すてきな出会いに乾杯!
行ってみたい国のひとつにスペインが加わりました~

孤独な旅になると思いきやおもいっきりリア充してるじゃん!
俺も仲間にいれて欲しい!

次は素敵な女性に出逢えますように…
例えばバルセロナのエジさんとかw

No title

どうもはじめまして。ちょくちょくお邪魔させて頂いてます。
「もう駄目だ」はあるあるですね(笑)
僕も「これは本当に無理!」と思ってから、
さらに坂上ったりとかしてます(笑)
それにしてもスペイン。さすが情熱の国ですね。
凄く面白そうです。

Re: No title

いつか誰かが連れてってくれるんじゃない?
> すてきな出会いに乾杯!
> 行ってみたい国のひとつにスペインが加わりました~

Re: タイトルなし

何日かジョインする?(笑)歓迎するよ。
> 孤独な旅になると思いきやおもいっきりリア充してるじゃん!
> 俺も仲間にいれて欲しい!

Re: タイトルなし

ははは。ありがとう。俺のことは気にするな。
スペイン、美人多いしラテン系のトミーはこっちでももてそうだから
移住してきたら?
> 次は素敵な女性に出逢えますように…
> 例えばバルセロナのエジさんとかw

Re: No title

うわ、これは本当に光栄です!
この旅行を始めるにあたって、装備品などの準備で染谷さんのブログをかなり参考にさせていただきました
(染谷違いではないです(笑)。もう一人の染谷さんのホームページもかなり参考にさせていただきましたが)。
アメリカも面白そうですね!写真が本当にきれいなのでブログ見てるとアメリカにも行きたくなってきます。
> どうもはじめまして。ちょくちょくお邪魔させて頂いてます。
> 「もう駄目だ」はあるあるですね(笑)
> 僕も「これは本当に無理!」と思ってから、
> さらに坂上ったりとかしてます(笑)
> それにしてもスペイン。さすが情熱の国ですね。
> 凄く面白そうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/8-55d1d3c3


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。