旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※長い間更新が滞っていてすいません。二週間ほど前にゴールして、その後はずっと府抜けていました。ちゃんと旅を終わらすためにもそろそろこのブログも完結させなきゃなと重い腰を上げた次第です。この記事を含めてあと2、3記事でゴールまでの道のりを更新していきます。今回は熊本から四国の松山まで。

 熊本市からは阿蘇に行き、阿蘇からはやまなみハイウェイを走り、湯布院などを経由して別府に抜け、そこから四国の八幡浜へフェリーで渡った。

 色々な国を走った後に日本を走ってみると、風景の情緒の深さに感動する。狭い土地の中に様々なバリエーションの景観が広がっていることもその理由の一つだけど、それだけじゃない。前回の記事とも被ることだけど、久しぶりに自分が育ったこの国に帰ってくると、目に映る様々なものに自分の記憶が染みついていることを感じる。具体的に思い出せる記憶から、もう原型を留めていない微かな感覚だけの記憶まで。例えばひなびた港町を見る。それを見て僕が感じることは、同じような港町で過ごしたときの思い出、その時そばにいた人の思い出、ひなびた港町が登場するいくつもの物語、歌、絵、それらについて思ったこと、それらに対して色々な人が語っていたこと、そんな無数の記憶の堆積から生まれているのだろう。

 様々なバリエーションの景色が、二十数年間、僕がこの国で生きてきて貯め込んできた様々な記憶が入った引き出しを開けていく。あるいは開けずともノックしていく。それがこの国の風景に僕が感じる情緒を生み出している気がする。きっとスペインの人もイランの人もインドの人も、そこで育った人にしか分からない情緒をその国の風景に見出すのだろう。その情緒は記憶への愛情に近いものなのかもしれない。僕はずっと故郷というものにこだわりがなかった。でも今は愛することの出来る記憶があるこの場所が僕の故郷だと感じる。まあそこから逃げ出したい黒歴史も結構あるけど。

 以下、今回のルートの写真ダイジェスト。

熊本市にあった懐かしい感じの踏切。
DSC_0678.jpg

阿蘇のパノラマ。
DSC_0760.jpg

阿蘇中岳の火口。
DSC_0730.jpg

緑の牧草地帯がずっと続くミルクロード。最高の季節に来たと思う。
DSC_0791.jpg

途中寄ってみた黒川温泉。この辺は本当に温泉が多くて、一日一回はどこかの温泉に入っていた。
DSC_0797.jpg

黒川温泉の夜。
DSC_0811.jpg

日本有数のワインディングロードやまなみハイウェイ。後ろに見えるのはくじゅう連山。
DSC_0842.jpg

由布岳に向かっていく道。阿蘇から由布岳までの道は、この旅全体でも屈指の景観の道だった。日本は本当に豊かな国土を持っていると思う。
DSC_0880.jpg

湯けむりの街別府に着く。
DSC_0901.jpg

別府地獄めぐりの一つ、海地獄。地獄めぐりって変わった温泉に入れるのかと思っていたのだけど、入れないんですね。
DSC_0919.jpg

高台から眺めた別府市街。各所に湯けむりが見える。
DSC_0923.jpg

四国上陸。八幡浜の港近くの昭和からタイムスリップしてきたような建物。
DSC_0928.jpg

海沿いの道を走っていて見つけた。これを作った人達が目に見えるようで、心に染みてくる。
DSC_0938.jpg

愛媛西側の海岸の道、ゆうやけこやけラインで見た夕焼け。
DSC_0953re.jpg

 夜、松山に向かって峠を登っていると、ゆるゆると僕の脇を通り過ぎていった車が路肩に止まり、おばちゃんが窓から顔を出して僕を呼びとめた。

「もうひと踏ん張りしないとね、町に出ないのよ。店、なかったでしょ?それでUターンしてきたのよ」

それでこんなものをもらった。
DSC_0959.jpg

 度々書いてきたことだけど、海外を走っている間、見知らぬ誰かが話しかけてくれたり、飲みものや食べものをくれたりすることから本当に大きなエネルギーをもらっていた。そして僕はそれが海外を旅しているからこそ得られる感覚だと思っていた。海外の人達に対して僕はどこか壁を感じている。外見も言葉も違う僕のことを彼らはどう見ているんだろう、こっちの文化的に何か変なことをしてないだろうか、そんな疑問が作る壁が常に自分の周りにあり続ける。その壁を越えて、誰かが手を差し伸べてくれることが僕はとりわけ嬉しかった。でも日本の人達に対して、僕はそういう壁を感じていない。だから今まで日本で誰かが自分に手を差し伸べてくれたとき、感謝はしてもどこか当たり前のことのようにさらっとそれを受け取ってきていた気がする。

 ユーラシアを走り終え、日本を走っていると、誰かが話しかけてくれたり、何かをくれたりすることが思っていた以上に多くて驚いた。彼らの中に僕は海外でそうしてくれた人達と同じ心を見る。そしてそれは僕に同じように力を与えてくれる。そういうことがあると少しの間、ハイテンションのWhat a wonderful world!状態になり、その興奮が去った後も、前より少しこの世界とここで生きていることを好きになっている。

256日目の走行距離約46km(ロカ岬からの走行距離12412km)
257日目の走行距離約54km(ロカ岬からの走行距離12466km)
258日目の走行距離約47km(ロカ岬からの走行距離12513km)
259日目の走行距離約74km(ロカ岬からの走行距離12587km)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/76-8ee1ff9c

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/29 08:59)

熊本市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。