旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カトマンドゥでは近郊のナグルコットの丘からエベレストとか世界の屋根と呼ばれるヒマラヤの高い山々を眺めるのを楽しみにしていたのだけど、ここでも空模様に恵まれなかったので行かずに諦めた。結局、ヒマラヤの高い山々を見ないままネパール滞在は終わってしまった。

 でもカトマンドゥは今まで歩いてきた中で有数の散策が楽しい街だった。見所が多いし、街並みも独特。ちょっと傾いていたりするところどころに木が使われた味わいのある建物、観光スポットでも何でもない建物に凝らされているユニークな意匠、迷路みたいな小道の先に出くわす仏教やヒンドゥ教にまつわる大小さまざまなモニュメント。歩いていると面白いものがぽんぽん視界に飛び込んでくる。そんな訳で今回は写真メインでカトマンドゥの街を紹介します。

僕が泊まったのは世界でも有数の安宿街、タミル地区。安宿、旅行会社、おみやげ屋、各国のレストランなど、ツーリスト向けの施設が狭い区画にひしめいている。ポカラの同じような区画は街並み自体がツーリストのために作られているようであまり魅力を感じなかったのだけど、ここは元からある街並みにツーリスト向けの施設が溶け込んでいる感じで楽しかった。
DSC_0022.jpg

DSC_0089.jpg

そこから南に進むと地元の人で賑わう商店や市場の区画に着く。首都だけあってとても活気がある。
DSC_0102.jpg

DSC_0107.jpg

街で見かけた面白いものとか。
DSC_0092_2.jpg

DSC_0115.jpg

DSC_0084.jpg

更に南に進むとカトマンドゥ観光のハイライト的なチベット仏教の寺院が立ち並ぶダルバール広場。
DSC_0017.jpg

鳩がいっぱい。
DSC_0061.jpg

DSC_0032.jpg

DSC_0072.jpg

立ち止まって細部を見るのもとても面白い。見過ごしやすいところに色々面白いものがあったりするので、発見する楽しさに溢れた街だと思う。
DSC_0051.jpg

西側のカトマンドゥの街を見下ろす丘には、スワナンブヤードという仏塔がある。丘ではたくさんの猿が戯れているからモンキーテンプルとも呼ばれている。丘の上には急な階段を登っていく。
DSC_0133.jpg

階段の途中の小さな広場にあった仏像。
DSC_0126_20130424035714.jpg

塔に描かれている目は全てを見通すとされる仏陀の目。そういえばネパールに入ってから、道路脇にドライバーを監視するようにこの目の看板が立っているのをちょくちょく見た。
DSC_0155.jpg

DSC_0141.jpg

塔の周りには108のマニ車という仏具が並んでいる。左回りに回転させると、回転させた数だけお経を唱えたことになるらしい。信心深い訳でもなんでもないのに僕も律儀に回してしまった。
DSC_0156.jpg

こちらはカトマンドゥの中心からは少し離れたところにある、世界遺産にも登録されているボダナートというネパール最大の仏塔。
DSC_0188.jpg

チベット仏教の経文が記された旗が無数に吊るされている。
DSC_0183.jpg

DSC_0197.jpg

 さて、ここから先、ミャンマーもしくはチベットを越えるために飛行機に乗らなければならない。少し前に今後のルートについての記事で書いたように、バンコクに飛ぶか成都に飛ぶかで迷っていたのだけど、結局バンコクに飛ぶことにした。カトマンドゥ四日目、半分冷やかしで行った旅行代理店に結構条件の良いチケットがあったので、勢いでその日のフライトのチケットを買った。以下は主に今後自転車でカトマンドゥからバンコクへ飛ぶ人のための参考情報。

 僕がとったチケットはタイ航空のビジネスクラスで約480ドル。ビジネスにした理由は、荷物の許容量が10kg多く、更に例え許容量をオーバーしてもビジネスなら数kg位見逃してくれるということで、自転車を積むことによる重量超過の代金を考えるとそっちの方が安かったから。実際、預け入れ荷物の総重量は約34kgで4kgの超過だったけど、何も言われずに預けることが出来た。人生初のビジネスクラス。機内食もすごく美味しいし、サービスも良いしで大満足のフライトだった。

自転車の梱包はタメル地区の南東にある自転車屋さんに梱包材込み500ルピーで丸投げした。空港まではタクシーで350ルピー。
DSC_0203.jpg

 夜、バンコクのスワンナブーム空港に着き、カトマンドゥの空港で会った日本人と一緒にタクシーで安宿がたくさんあるカオサン通りの近くまで行った。カオサン通り周辺は水かけ祭りの真っ最中で、水浸しの道路の上をバズーカみたいな水鉄砲を持ったびしょびしょの人達が意気揚々と獲物を探して歩いていた。
スポンサーサイト

コメント

カトマンズでは、クマリの館前でずっとクマリが出てくるのを見張っていた覚えがある。結局見れなかったな。こうして写真を見る限り、カトマンズの街並みはあんまり変わっていないね。ツーリストが多いのにあんまり悪い人もいない、居心地のよい街だった。ジャーマンベーカリーというカフェで一日中ギターを弾いていたな。

もうバンコクにいるんだ。こちらは打って変わって、騒がしい「バックパッカーの聖地」だよね。俺はフレンドーGHで強盗にあった。そろそろ旅も終盤、気を抜かないようにね!

Re: タイトルなし

カトマンドゥ、いい街でした。バンコクは…何というかもう日本とあまり変わらない感じですね。
最後まで油断せずに旅を続けたいと思います。

> カトマンズでは、クマリの館前でずっとクマリが出てくるのを見張っていた覚えがある。結局見れなかったな。こうして写真を見る限り、カトマンズの街並みはあんまり変わっていないね。ツーリストが多いのにあんまり悪い人もいない、居心地のよい街だった。ジャーマンベーカリーというカフェで一日中ギターを弾いていたな。
>
> もうバンコクにいるんだ。こちらは打って変わって、騒がしい「バックパッカーの聖地」だよね。俺はフレンドーGHで強盗にあった。そろそろ旅も終盤、気を抜かないようにね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/67-c91ed464


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。