旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミヤネを出ると次の大きな町はザンジャーン。

ミヤネ付近の道は荒々しく岩肌を露出した山に囲まれた景勝ルート。
DSC_8309.jpg

二日目の夕方頃にザンジャーン近くを走っていると、写真のセメントのブロックを作っている作業場の人達にチャイを飲んでけと呼び止められ、そのまま左のマザハールさんの家に泊めてもらえることになった。
DSC_8323.jpg

マザハールさんの家で夕食をごちそうになった後、彼の両親の家に連れて行ってもらいチャイとフルーツを囲んでの団らんに混ぜてもらった。マザハールさん以外はほとんど英語が分からないから談笑は当然ペルシア語なのだけど(ときどき僕に質問が飛んできたりして、マザハールさんが通訳してくれる)、全く彼らの言語を理解しない僕がいても、場の空気は柔らかく自然だった。僕が自分の家族や友達の輪の中に外国人の友達を招待するとしたら、こうはいかないと思う。こちらが人間としての常識を守っている限り、彼らを疲れさせることはないと思えるから、僕は安心して彼らのもてなしを受けることが出来る。
DSC_8342.jpg

DSC_8359.jpg

 翌朝、朝食をごちそうになった後、ザンジャーンを出発し、その日の目的地のアブハルという町を目指して走った。夕方、この日は大きな出来毎もなく静かに終わりそうだったので、夜は宿でイランでのこれまでの出来毎をゆっくり振り返ってみようと思って走っていたら、またしても素敵な出会いが待っていた。
 残り10km程のところで通りかかった車に乗っていた青年に話しかけられたのだけど、彼のおじさんは昔日本にいたことがあり日本語を話すと言う。僕は彼に勧められて電話で彼のおじさんと話をした。優しい声で流暢な日本語を話すアフマドという名のそのおじさんは、もう十年以上前に栃木で運転手として働いていたらしい。アブハルの彼の家に来てほしいとお誘いを受け、僕はお邪魔させてもらうことにした。アブハルまでの残り10kmの道のりを、こういう出会いが驚くほどの頻度で起こるこの国に思わず笑い出しそうになりながら走った。

奥がアフマドさんで手前がお兄さんのムハマドさん。ムハマドさんも昔日本で働いていから日本語を話す。
DSC_8461.jpg

 このアフマドさんの家での滞在が最高に居心地がよく、かつ刺激的だったので彼と彼の家族に勧められるままに三日間も滞在してしまった。
 その三日間で、アフマドさんやムハマドさんに連れられるままに、彼らの親類の家、友人の家、自身や兄弟が働いている職場などさまざまな場所に行き、老若男女たくさんのイラン人と会ったのだけど、その度に彼らの表情や振る舞いの自然さに心を打たれた。前回の記事にも書いたことだけど、彼らの言葉や声や表情は、相手に自分をこう見せたいとか、こう思われたくないとかのノイズに邪魔されず、感情とかなり率直に結びついている。だからその言葉や声や表情を向けられる相手(僕も含む)は、本当はこの人何を考えているのだろう、と考えたりすることなく額面通りにそれを受け止めることが出来る。そんな彼らの人と人の間に厚い壁を感じさせないコミュニケーションは親密で暖かい。

いとこの金物店でいとこやお客さんと話すムハマドさん。
DSC_8496.jpg

 アフマドさんやムハマドさんとイランの話、日本の話、宗教と人生の話などを日本語でたくさんすることが出来たのもすごく刺激的だった。考えさせられる話が沢山あったけど、中でも一番印象に残っているのはドライブ中にモスクに通りかかった時にアフマドさんとした以下のような会話。
「アフマドさんはどれくらいの頻度でモスクに行くんですか?」
「私はほとんど行かないよ」
「でも神様は信じてるんですか?」
「それは当然だよ。皆そうでしょ」
「日本には神様を信じていない人はたくさんいますよ」
「それは口でそう言っているだけだよ。だって神様がいないと生きていかれない」
 神様を信じることと生きることを分け難いものとして捉えているその言葉が深く印象に残ったから、もっと色々聞いてみたくてその夜、もう一度この話題で話をした。「口で言っているだけじゃなくて本当に神様を信じていない人、いっぱいいると思いますよ」と僕が言うと、アフマドさんは驚いた表情で「そう、それは重いねぇ」と言った。
 ちなみにこの話をしているとき、奥さんはカメラをこちらに向けて、にこにことずっと動画を撮っていた。

アフマドさんと奥さん。
DSC_8465.jpg

 今日は絶対に出発しようと決めていた四日目、朝から出発までアフマドさん達の素朴で純粋な優しさにずっと包まれていた。朝食にムハマドさんの奥さんが持ってきてくれたスタミナを付けるようにと作ってくれた牛の頭を丸ごと使ったスープと、にんにくの漬物のようなものをたくさんいただき、アフマドさんの奥さんが日差しで荒れた僕の手と顔のためにフェイスクリームとハンドクリームをプレゼントしてくれ、さらに自転車に荷物を詰みにいこうと外に出ようとすると、フルーツをいくつも手に持って駆け寄ってきて僕に手渡し、外に出るとアフマドさんが僕のヘルメットを濡れタオルで磨いていて、その横にはずっと掃除しないで泥がこびりついていたはずのリアバックがきれいな状態で並べてあって、ムハマドさんが更に自転車も掃除しようと言うので僕も手伝いながらこの旅始まって以来の洗車をしていると、アフマドさんとムハンマドさんのお母さんが手のひらいっぱいの飴を持って外に出てきて僕に手渡しなぜか「ありがとう」と言い、ムハンマドの奥さんはコーランとお椀に入った水を持ってきて、安全祈願のおまじないをしてくれた。胸がいっぱいなのに次から次へと彼らの優しさが絶え間なく押し寄せてくるからどうにも涙が止まらなかった。

最後の朝食。
DSC_8557.jpg

牛の頭のスープ。スタミナ満点。
DSC_8551.jpg

ピカピカになった自転車とアフマドさんとムハマドさんの息子。
DSC_8564.jpg

アフマドのお母さんとお姉さん。
DSC_8562.jpg

コーランでのおまじない。
DSC_8566.jpg

皆さんに見送られて出発!
DSC_8572.jpg

ピカピカになった自転車は軽く、走るのが空を飛ぶよりも気持ち良く思えた。

161日目の走行距離約57km(ロカ岬からの走行距離7477km)
162日目の走行距離約64km(ロカ岬からの走行距離7541km)
163日目の走行距離約95km(ロカ岬からの走行距離7636km)
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/53-4e5b1b7d


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。