旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここに来るまでにいろいろな人からイラン人の親切さについて話を聞いていた。だから彼らからごはんをごちそうになっても、家に泊めてもらっても、別に驚かないつもりだったし、もしかしたら当たり前のことのようにそれを受け止めてしまうんじゃないかと少し怖かったりもしたのだけど、実際に彼らの親切に触れると、その表情や振る舞いに心を打たれっぱなしだ。
 彼らの表情や振る舞いは、あなたが好きだ、あなたと一緒にいて楽しいということを率直に相手に伝える。だから僕はその日初めて会った人なのにも関わらず、彼らに本当は迷惑をかけているんじゃないか、無理させているんじゃないかなどと考えずに安心して彼らと付き合うことが出来る。いつからか人付き合いの中で、こうしたら相手の目にどう映るだろう、これは僕らしくないんじゃないかとか考えることが呼吸をするように当たり前のことになった僕には、そんな彼らの率直な人との付き合い方が懐かしく眩しい。
 そんな訳でいつも以上に多くの人との出会いに恵まれているイランの旅、最初の数日間で出会った人達を道中の写真を交えながら紹介します。

こちらはアリさん。タブリーズに着いた翌朝、バザール付近を自転車を押しながら散策しているときに、話しかけられた。朝食をごちそうになり、街の見どころをいろいろ案内してくれた。
DSC_8073.jpg

世界遺産にも登録されている長い歴史を持つタブリーズのバザール。アリさんはここのバザールの貴金属店で働いている。
DSC_8131.jpg

パソコンや携帯電話のお店が並ぶデパート。
DSC_8065.jpg

 ソニーやLGなどの商品がたくさん並んでる日本の秋葉原みたいなこの光景を見たとき、ドライブ中にラジオからヨーロッパで散々耳にした最近のヒットソングが流れてきて、アリさんがそれに合わせて体をゆすりだしたとき、自分でも驚いたのだけど嬉しかった。この人達、本当はこんなに近かったんだっていう。数年前にヨーロッパを旅行した時は、どこの国も思っていたよりも日本と変わらないことにがっかりしていたものだけど。
 日本にいるとイランについての情報は核問題のニュースとか、イスラム文化のイメージとか、いかに彼らは僕らとは違う人達なのかという情報しか入ってこないけど、たぶん多くの人が思っているよりも彼らは僕達と一緒です。

色々連れて行ってもらった後、この日は家に泊まらせてもらうことになった。イラン人の家はどの家も広いリビングを中心にした作りで、お客さんに対して開かれている印象がある。
DSC_8099.jpg

奥さんが作る美味しいイランの家庭料理をたくさんごちそうになった。写真はチェロウケバブというサフランライスと一緒に食べるケバブ。
DSC_8093.jpg

アリさんの家族に見送られて出発。
DSC_8103.jpg

タブリーズ近くの道。イランの道では、他の国よりも応援のクラクションが断然多い。車を停めて食べ物(特にフルーツ)をくれる人も多いから、買い物の回数がぐんと減った。
DSC_8152.jpg

タブリーズを出発した翌日、車を停めて話しかけてくれた皆さん。オレンジやキュウリやお菓子をくれた後、これから皆で遊びに行く田舎の家に僕を招待したいと言うので、お邪魔させてもらうことにした。
DSC_8158.jpg

キャンプファイヤーを囲んで、踊ったり、談笑したり…。
DSC_8211.jpg

イラン風のビンゴゲームをしたりして時間を過ごした。
DSC_8237.jpg

その日はそのまま泊めてもらい、翌日はピクニックに同行させてもらったりした。
DSC_8243.jpg

昼食。イランではテーブルではなく、床にシートを敷いて食べるのが一般的。ちなみに写真の白い平たい食べ物はラヴァーシュというイランで最もよく食べられているパンで、イランの人は何でもこのパンに巻いて食べる。
DSC_8296.jpg

 イラン人の率直な人との付き合い方は、友達やパートナーに対しても同じで子供みたいな柔らかい表情で笑ってふざけ合う彼らは本当に幸せそうだった。お酒が禁止されていたり、女性はチャードルを被らなければいけなかったり、イスラムの国イランは不自由で窮屈な印象があったけど、実際に彼らに接してみると、むしろ明文化されていない無数のルールに縛られている僕よりも彼らの方が自由に思えた。

 以上、イランに入ってからの四日間でした。このブログ、人の話の比率がちょっと多すぎる気がしていて、もう少し違うことも書いていきたいと思っていたのだけど、どうしてもイランは人の話が中心になりそうです。旅に出てもう少しで半年。風景に対する感動は始めの頃と比べたら薄れてきているけど、人との出会いはいつも想像を軽々と越えてくる。

158日目の走行距離約63km(ロカ岬からの走行距離7361km)
159日目の走行距離約59km(ロカ岬からの走行距離7420km)
スポンサーサイト

コメント

No title

イランの人は確かにいい人が多かったな。日本語しゃべれる人も多かったし。
ただイランって、外食するところがほとんどなくて、旅人は毎日ケバブサンドイッチだった気がする。
君のように一般家庭で家庭イラン料理を味わえるのって、結構貴重な体験なのではないかと思う。

あと、俺は暇な時にはチャイハネ(イランもこの名前だったかな?)に行って、
濃いコーヒー飲みながら老人とバックギャモンをしていた。いい思い出だ。

Re: No title

外食は大きな町以外は少ないですよね。バリエーションもあまりない。でも家庭料理はとても美味しいですよ!
チャイハネ、いいですよね。イランはお座敷だからリラックス出来る。僕もたまに寄ってます。

> イランの人は確かにいい人が多かったな。日本語しゃべれる人も多かったし。
> ただイランって、外食するところがほとんどなくて、旅人は毎日ケバブサンドイッチだった気がする。
> 君のように一般家庭で家庭イラン料理を味わえるのって、結構貴重な体験なのではないかと思う。
>
> あと、俺は暇な時にはチャイハネ(イランもこの名前だったかな?)に行って、
> 濃いコーヒー飲みながら老人とバックギャモンをしていた。いい思い出だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/52-5be636ca


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。