旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は世界三大料理に数えられていたりするトルコ料理。そんなにお金をかけないで食べられるごはんの種類が多かったので、トルコでの食生活はこれまでの旅で一番豊かだった。そんなトルコの食事を今まであまり紹介出来ていなかったので、この記事でまとめて紹介します。

まずはロカンタと呼ばれるトルコの大衆食堂の料理から。どんな小さな町にも一軒はあり、値段も安いので、僕が一番お世話になったのがこのロカンタ。

ロカンタではカウンターにこんな感じで食べ物が並んでる。指さしで注文出来るので言葉が分からなくても大丈夫なのがありがたい。
DSC_7242.jpg

どこのロカンタにも置いていて、一番安いのがスープ(トルコ語ではチョルバと言う)。食べ放題のパンが付いてくるので、これだけでお腹いっぱいになれる。ちなみにトルコのパンはめちゃくちゃおいしい。旅人の間では世界一という声も多い。

たぶんトルコのスープで一番ポピュラーな、メルジメックというレンズ豆のスープ。
DSC_7366.jpg

イシュケンベという牛の胃袋が入ったスープ。好き嫌いが分かれるくせのある味だけど僕は好きだった。
DSC_5643.jpg

ピラウというバターライスのようなごはんも大抵のロカンタに置いてある。お願いするとプラス1~2リラ位(約50~100円)で写真の用に豆を乗っけてくれたりする。
DSC_7147.jpg

もちろんケバブ屋さんもたくさんある。日本ではトルコのドネルケバブが有名だけど、トルコにはたくさんのバリエーションのケバブがある。

こちらはオーソドックスなドネルケバブをピタで巻いたもの。ぶっちゃけドネルに関してはギリシャの方が美味しいと思った。左の飲み物はアイランという塩気のある飲むヨーグルトのような飲み物。トルコではとてもメジャーでどこにでも置いてある。
DSC_5671.jpg

ピラウの上にドネルケバブを乗っけたもの。
DSC_6386.jpg

アダナケバブという、スパイスで味付けしたひき肉を串に刺して焼いたケバブ。これはトルコで初めて食べたのだけどとても美味しかった。
DSC_7257.jpg

こちらはピデと言うトルコ風のピザ。
DSC_7170.jpg

黒海沿いの地域では魚もよく食べる。こちらは一番よく食べられるイワシ(トルコ語ではハムシと言う)を揚げたもの。
DSC_7333.jpg

イスタンブール名物サバサンド。ガラタ橋近辺に店がたくさん並んでる。実はサバはノルウェー産らしい。
DSC_5797.jpg

この写真の食べ物が、僕がトルコで食べたもので一番美味しかったのだけど、名前を訊くのを忘れた。チーズを混ぜ込んだトマトベースのソースをパンに付けて食べる。後でトルコ人の友達に聞いたところによると、一部の地域でしか食べれない知る人ぞ知る食べ物らしい。サムスンとユンエを結ぶ道のどこかに専門店があるので機会があったらぜひ食べてみてください。
DSC_7148.jpg

お菓子もとても美味しい。ただトルコ特有のお菓子は基本的にシロップ漬けなので、ものすごく甘い。カロリーもかなり高いと思う。

バクラヴァというナッツを挟んだパイ生地にシロップを浸みこませたお菓子。食感が最高。噛むとサクッとした生地からじゅわっとシロップが浸み出してくる。
DSC_7359.jpg

こちらはキュネフェ。春雨を平らに固めたような生地の間によく伸びるチーズを挟んで焼き上げたお菓子。シロップの甘さとチーズのコクの絡みが絶妙。上に乗っているのはカイマックという牛乳から作るバターのような濃厚なクリーム。
DSC_7337.jpg

以上、トルコの印象に残っている食べ物たちでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/48-27356bdc


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。