旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスタンブールを出発し、十日目にようやく黒海に出た。黒海沿岸は標高の高い内陸部と比べてとても温暖な気候で、内陸の厚着では暑さを感じる程。
DSC_7181.jpg

気候だけではなく、道も非常に走りやすい。アップダウンの少なさ、途切れない街灯、広い路肩と自転車で走るにはこの上無い道がずっと続く。
DSC_7202.jpg

さてこの黒海沿いを走っている内に、内陸を走っている間から、おぼろげに感じていた疑問がだんだんとはっきりとした形を取り出した。それは自転車旅行が果たして今の自分に適した旅のスタイルなのかという疑問。だいぶ前の記事でも書いたように、僕は自転車で走っている時の、流れていく景色と一緒に思考がジャズのアドリブみたいに変化していく感じが好きなのだけど、しばらく自転車をこいでいない間に自分に色々な変化があり、今自分が向き合うべきことがどうもそういうやり方で向き合えないんじゃないかと感じるようになっていた。

黒海沿いを走りだして三日目、そんなことを考えながら走っていると、道の右側の建物の庭を囲む柵を越えて、ピンクのサッカーボールが飛んでくるのが見えた。ボールは道と建物の間の取りに行くのが面倒くさそうな溝に落ち、結構なスピードで自転車をこいでいた僕は、そのまま走り去りそうになったのだけど、思い直して引き返し、ボールを拾い、柵の向こうの女の子に投げ返した。そうしたら窓からそれを見ていたおじさんが僕を手招きし、誘われるままに建物の中に入るとそこは食堂のような場所で、おじさんの好意により、たっぷりのごはん(デザート付き)をごちそうになることになった。
DSC_7205.jpg

食事を待っている間に、英語を喋れる女性が僕の前に座り、サッカーボールを蹴っていた女の子を含め何人かの子供達が興味深そうにその周りを囲んだ。女性にこの場所のことを聞くと、孤児院であることを説明してくれた。
 
ごはんを食べ終わった後も子供達はテーブルを囲んでいたので、僕はこんな状況の定番アイテム、折り紙を取り出し、なぜか子供達がこれを折りたいと言ったヘビを教えながら一緒に折ることにした。
DSC_7210.jpg

ちょっと難易度の高いヘビを、教えながら一緒に折るのは思ったよりも時間がかかり、途中で子供達は授業で去らなければいけなくなってしまい、僕はその後も子供達が完成させられなかった六匹のヘビを完成させるべく、しばらく食堂に残り続けた。その間、孤児院の先生、マネージャー、食堂のおばちゃん、警備員など色々な人達がお菓子やお茶をもってきて、話しかけてくれた。本当に暖かい場所で、子供達からも、働いている人達からも相当大きなエネルギーをもらった。

未完成のヘビを持って記念撮影。
DSC_7213.jpg

たっぷり三時間くらいをその孤児院で過ごした後、出発し、「そうだ、こういう偶然の出会いが俺が自転車旅行を続ける理由なんだ」と意気揚々と自転車をこいでいたのだけど、この日は旅の神様が僕に微笑んでいたようで、これだけでは終わらなかった。次の町で買い物をしようとスーパーの前に自転車を停めていると、スクーターに乗ったおじさん(後で僕と大して変わらない年齢だと判明するのだけど)が話しかけてきて、僕が日本から来たと言うと「そう、どこ?」と関西弁のイントネーションで尋ねてきた。びっくりしながら訳を訊くと、彼は数年間日本の建設現場で働いていたのだと教えてくれた。彼の働く事務所に寄ってくように誘われ、そこでラーメンと何と日本の缶コーヒー!をごちそうになりながら、これもまた日本語を流暢に話す彼の兄弟と友人(後で聞いたところによると、ファトサというこの町は色々な経緯があって日本に出稼ぎに行ったことのある人がすごく多い町らしい)と一緒に色々な話をした。宗教から下ネタまで実に色々な話を日本語でしたのだけど、言葉の壁がなくなってしまえば、彼らがあんまりにも僕達と似た人間であるということに僕は深い驚きと感動を感じた。彼らは郷愁を込めて、青年期を過ごした日本の思い出を語り、「次日本に行くときは家族を連れてくの?」と聞くと、「えっ、一人がいいよ。だって自由に遊べないじゃん」としれっと答える。
DSC_7225.jpg

その後、レストランでおいしい肉料理をごちそうになった。僕の奥にいるのが声をかけてくれたIsaさん。何と僕と同い年です。彼の年齢を訊いた時、あぁ俺もいい年なんだなぁとしみじみ感じてしまった。
CSC_7234.jpg

たらふく肉料理を食べた後、後から隣のテーブルにやってきた家族が、僕を彼らのテーブルに誘い、彼らが頼んだ魚料理を食べるよう何度も何度も勧めてくる。英語がほとんど通じないので、僕は勧められる度に、お腹いっぱいというジェスチャーをしながらも、ちょっとだけ食べさせてもらっていたので久しぶりにもうこれ以上食べられないというくらいお腹がふくれた。言葉はほとんど交わさず、彼らはもくもくと食べ続けていたけど、僕が目を合わす度におじさんはにっと笑い、女の子はくすっと笑う(これがとてつもなく可愛い)からきまずい感じが全くしなかった。
DSC_7233.jpg

優しい何かにずっと包まれていた一日だった。その全てはピンクのサッカーボールが飛んできたことから始まっている。孤児院を通るのがほんの少しでも遅かったり、早かったりしたら、そのボールは飛んでこなくて、この日は全く違う一日になっていたと思う(それはそれで素晴らしい一日だったかもしれないけど)。これまでの旅路でも、そんな世界が自分に向かってすっと手を伸ばしてくれているようなときが何度かあった。僕はそれを奇跡のように感じる。陳腐かもしれないけどこれはしっくりくる実感だからしょうがない。そしてこの類の奇跡が、ごく一部の人にごく一部の時にしか訪れない、というものではないということも、ここまで旅を続けてきて実感している。他の旅行者には他の奇跡が訪れるし、旅行してない人にも気付きにくいかもしれないけどそれは訪れる。要は世界にはたくさんサッカーボールが飛んでるのだと僕は思ってる。

ただ僕がこのサッカーボールを奇跡だと感じれているのは、自分の足で進んだ道でそれに出会っていることによるところが大きいとも思っている。だから僕はそのサッカーボールを追いかけて、もうしばらくは自転車で走り続けてみようかとこの一日を振り返ってみて思った訳です。

135日目の走行距離約121km(ロカ岬からの走行距離6370km)
136日目の走行距離約53km(ロカ岬からの走行距離6423km)
137日目の走行距離約29km(ロカ岬からの走行距離6452km)
スポンサーサイト

コメント

No title

ブログタイトルにふさわしい
素晴らしい内容の日誌でした

自分のブログで金のことばっか書いてるのが
恥ずかしいわ

Re: No title

光栄です!

実際問題、お金の心配は尽きないですよね…。
でも世界にはほぼ無一文で自転車世界一周とかやってる人もちらほらいるので、
出発しちゃえばきっと大丈夫ですよ!

> ブログタイトルにふさわしい
> 素晴らしい内容の日誌でした
>
> 自分のブログで金のことばっか書いてるのが
> 恥ずかしいわ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/46-3a98e529


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。