旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまであんまり実用的な情報を載せてこれなかったので、時間があるときに
ちょくちょくアップしていこうかと思います。
取りあえずライトや空気入れなどの備品を除く自転車関係の装備品情報。
これから海外を走ることを考えている人の参考になればと思います。

≪自転車≫
メーカー 丸石
商品名 ツーリングフロンティア
メモ
色々情報を集めた末、重視したのが、途上国で修理が可能で
乗り心地もしなやかなクロモリフレームであることと、部品の入手が容易な26インチタイヤの
マウンテンバイクベースであることの二点。
長距離自転車旅行者の間で定評のあるSURLYのLONG HAUL TRUCKERと迷ったけど、
必要条件を満たしていて80,000円ほど安く手に入るこっちを選んだ。
ヨーロッパを走った時点では、何の問題もなく、乗り心地もとてもいい。
唯一、困ったのはフロントフォークにキャリアを取り付けるためのダボ穴が空いていない点だけど、
マウントを付けることで解決した。

≪フロントキャリア≫
メーカー チューブス[TUBUS]
商品名 フロントキャリア Tara
メモ
長距離自転車旅行者の間では超定番。軽くて丈夫。鉄板の選択だと思う。

≪リアキャリア≫
メーカー チューブス[TUBUS]
商品名 リアキャリア Logo
メモ
同上。

≪フロントパニアバッグ≫
メーカー オルトリーブ[ORTLIEB]
商品名 フロントローラー クラシック
メモ
こちらも長距離自転車旅行者の間では超定番。完全防水。鉄板の選択だと思う。

≪リアパニアバッグ≫
メーカー オルトリーブ[ORTLIEB]
商品名 バックローラー クラシック
メモ
同上。バックローラーはフロントよりも容量が大きいので、荷物をいっぱい持っていく人は、
フロントにもバックローラーを付けていいと思う。

≪フロントバッグ≫ 
メーカー オルトリーブ[ORTLIEB]
商品名 アルチメイト5 クラシック L
メモ
同上。取り外してショルダーバッグに出来るので、カメラなどの貴重品は
全部この中に入れて持ち歩いている。

≪サドルバッグ≫ 
メーカートピーク[TOPEAK]
商品名Wedge Dry Bag Mサイズ
メモ
工具類などを収納するのに使用。これも完全防水のものを選んだ。
見た目よりも容量が少なく、色々と入らないものがあるのでLサイズを
選んでおけば良かったと少し後悔。

≪タイヤ≫
メーカーシュワルベ[SHWALBE]
商品名マラソン XR
メモ
耐パンク性能の高さから長距離自転車旅行者の間では超定番のシュワルベ。
僕は折りたたみが可能で持ち運びが楽なXRを選んだ。今のところ5,600kmの走行でパンクが二回。
まあ上々の結果だと思う。

≪泥除け≫
メーカー クラナ[CURANA]
商品名 シーライト26 26インチ用フェンダー前後セット
メモ
雨の日に走るのなら絶対、泥除けはあった方がいいと思う。軽くてデザインも好きだったのでこれを選んだ。
前後とも止め具が壊れてしまったので、今はタイラップを使って固定している。

≪スタンド≫
メーカー 不明
商品名 不明
メモ
最初は付けてなかったのだけど、あった方が色々と便利なので
センターに取り付けるシングルスタンドをバルセロナで購入。
丈夫さを重視するならマルチスタンドだけど、荷物をそんなに積まない自分にはこれで
十分だと思う。
スポンサーサイト

コメント

No title

イスタンブール良いですね!
中世の雰囲気が色濃く残っているように感じます。
西よりですが、西と東の文化が入り乱れてるみたいで面白そうです。
西の入り口で東の出口みたいな。


トピークのサドルバックですが、あれセミハードっぽくなってますが、
ふにゃふにゃになっても良いなら、
中に入ってる形を保つためのプラスチックが取り外せるので
それを外せば幾分か容量アップしますよ。
僕も途中で気がついて今は外して使ってます。

No title

ポルトガルからトルコまでの
費用を教えてくらさい

Re: No title

遅くなりましたがアドバイス、ありがとうございます!
サドルバッグ、試してみます。
イスタンブール、本当にいい街ですよ!ユーラシアを走るときは楽しみにしててください。
この街で約一カ月沈没しましたがいよいよ明日には出発です。

> イスタンブール良いですね!
> 中世の雰囲気が色濃く残っているように感じます。
> 西よりですが、西と東の文化が入り乱れてるみたいで面白そうです。
> 西の入り口で東の出口みたいな。
>
>
> トピークのサドルバックですが、あれセミハードっぽくなってますが、
> ふにゃふにゃになっても良いなら、
> 中に入ってる形を保つためのプラスチックが取り外せるので
> それを外せば幾分か容量アップしますよ。
> 僕も途中で気がついて今は外して使ってます。

Re: No title

費用はスタイルによってだいぶ変わりますね。
まず食費ですが僕は一日、1,000~1,500円程かかりました。
ただ僕は自炊をしていないので自炊メインの場合はもっと抑えられると思います。
あとヨーロッパは宿が高いです。観光地のドミトリーであれば15ユーロから20ユーロで泊まれますが、
それ以外で、宿に泊まる場合は一日25~35ユーロはみといた方がいいです。
ただヨーロッパはキャンプする場所にはあまり困らないと思います。
あとは走行予定の日数をかけてもらえれば大体の費用が分かるかと思います。
ちなみに僕はポルトガルからトルコまで約90日かかりました。

> ポルトガルからトルコまでの
> 費用を教えてくらさい

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/41-68bd3c46


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。