旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィリップ宅から出発する際、フィリップから家の庭で採れたオレンジとレモン、それにパワーが出るからとにんにくを数個ずつ、手渡された。オレンジとレモンはありがたいけど、にんにくはどう食べればいいんだろう…。そして僕達は例のごとく日本で会おうと約束して別れた。

次の目的地、ドゥブロブニクまでは約220km。スプリトに一日長く滞在した分の遅れを取り戻そうと、二日で着こうと思っていたのだけど、自分でも驚くほど足のふんばりが効かない。どうも三日前に140km走った際に、しつこい疲れがたまってしまったような気がする。そしてクロアチアの海岸線は、非常にアップダウンが多く足にくる。まぁそれが故に景色が素晴らしいのだけど。途中で二日間でドゥブロブニクまで走ることをあきらめ、この日はスプリトから60km程のマカラスカという町に泊まった。

こんな感じに海岸近くまで山が張り出している。
DSC_4520.jpg

日が沈んだ後の海辺の小さな町。三日月がとてもきれいだった。
DSC_4550.jpg

次の日も前日と変わらず足が重かった。海岸線の景色は相変わらずきれいなのだけど、遠くの山肌にうねうねした上り坂が見えると精神的にしんどい。この日も前日と同じくかなりのスローペースで60km程しか進むことが出来なかった。
DSC_4535.jpg

フィリップがすごくいい景色だよ、と言っていた海の近くに点在する湖群。ぎりぎり日没前に到着。
DSC_4572.jpg

次の日、ドゥブロブニクまでの距離はまだ100km以上残っていたけど、この日の内に絶対着くぞ、と決心して早い時間に出発した。

この日は内陸の田園風景が素晴らしかった。
DSC_4593.jpg

DSC_4605.jpg

陸路でドゥブロブニクに行くには、10km程ボスニア・ヘルツェゴビナを通らなければならない。道を走るだけかなと思っていたのだけど、途中に以外と大きな町があった。
DSC_4613.jpg

クロアチアに戻り、60km程走るとドゥブロブニク。途中、落石の除去で足止めを食らったりして遅くなってしまったけど何とか到着。

夜のドゥブロブニク。
DSC_4650.jpg

よく月を眺めた三日間でした。
DSC_4628.jpg

DSC_4632.jpg

66日目の走行距離約57km(ロカ岬からの走行距離4007km)。
67日目の走行距離約59km(ロカ岬からの走行距離4066km)。
68日目の走行距離約104km(ロカ岬からの走行距離4170km)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/32-26b03f29

まとめ【62〜65日目:スプリト】

フィリップ宅から出発する際、フィリップから家の庭で採れたオレンジとレモン、それにパワーが出るからと

より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。