旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステファノが去った後、ジェノヴァにもう一泊して街を歩いた。11月を飛ばして12月になってしまったような寒さで、ホステルを出るときには十分だと思っていたロングスリーブTシャツにウインドブレイカ―だけだと我慢できず、街でセーターを買ってしまった。

ジェノバの街並み。
DSC_3357.jpg
DSC_3380.jpg

イタリアの都市はどっしりとした建物が多い。
DSC_3348.jpg

翌日、出発しようと外に出ると、三日ぶりの晴れ空にも関わらず、昨日以上の寒さだった。ジェノヴァから最短の経路で西へ進むには80kmほどの山岳地帯を越えなければならない。初めは山岳地帯をある程度迂回出来る長めの経路をとって西へ進もうと思っていたのだけど、ホステルの人に訊いたら、短い方のコースは景色がとてもいいらしい。それで僕はそちらの道に行くことにした。

丘からジェノヴァの街を見下ろす。
DSC_3421.jpg

この日は山でキャンプをする予定だったのだけど、日が沈んだ後、寒さが加速度的に増して、更に雨が降りそうな空模様だったので、結局標高800メートルくらいのところにある小さな町のホテルに泊まった。町の電光掲示板の温度計を見ると、-1度になっていた。つい数日まで半袖ハーフパンツで自転車をこいでいたのが嘘のようだ。

翌日はやはり雨になった。しっかり防寒対策をして走り出したのけど、グローブは冬用のものをまだ手に入れていなかったので、冷たい雨に濡れて手が凍えた。しかし湿った冷たい山の空気の中を走りぬけていくのはすごく気持ち良かったし、霧がかった山の景色も幻想的で本当に素晴らしかった。
DSC_3451.jpg

ときどき現れる小さな村もとても美しかった。
DSC_3458.jpg
DSC_3449.jpg
DSC_3467.jpg

標高の高いところでは雪が積もり始めていた。
DSC_3435.jpg

この日は山岳地帯を抜けて、ピアツェンツァという街に泊まった。
DSC_3518.jpg

50日目の走行距離約33km(ロカ岬からの走行距離2865km)。
51日目の走行距離約105km(ロカ岬からの走行距離2970km)。
スポンサーサイト

コメント

No title

いい旅行をしているよね。
文章も上手なので、毎日更新を楽しみにしています。

ところで、イタリアの次って、スロベニアからクロアチアに入るのかな?
どっちにしろ寒そうな国のイメージなんだが。
それとも、イタリアを下っていってフェリーでギリシア?

Re: No title

ありがとうございます!ちょうど管理画面開いてました。今日イタリアを抜けてスロベニアに入りました。スロベニアはさくっと抜けて明日からクロアチアに入る予定です。クロアチアは内陸部は寒いのですが沿岸部はそこまでは寒くないみたいです。今のところ、プリトヴィツェ国立公園を訪れた後は沿岸部に出てそのまま南下していくつもりです。寒さ的にはその後のモンテネグロ、アルバニア、マケドニアがちょっと心配ですね。

> いい旅行をしているよね。
> 文章も上手なので、毎日更新を楽しみにしています。
>
> ところで、イタリアの次って、スロベニアからクロアチアに入るのかな?
> どっちにしろ寒そうな国のイメージなんだが。
> それとも、イタリアを下っていってフェリーでギリシア?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/25-afc4458e


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。