旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エクス=アン=プロヴァンスからニースを目指す。コートダジュールの海岸に出るまではのどかな田園風景が続く。
DSC_3090.jpg
DSC_3101.jpg

休耕地でキャンプした翌朝テントを出ると、靄が立ち込める中、露に濡れたクモの巣が至る所に現れていて、とても幻想的だった。
DSC_3091.jpg
DSC_3096.jpg

フレジュスからコートダジュールに入る。ビーチはスペインでたくさん走ったのでしばらくいいかなと思っていたのだけど、コートダジュールは海岸線のバリエーションがとても豊かで走っていて本当に気持ちが良かった。
DSC_3143.jpg
DSC_3154.jpg

ニースに到着し、ユースホステルのドームに入ると、ベッドの一つに僕のと全く同じオルトリーブ(ドイツの自転車用バッグのブランド)のパニアバッグが立てかけてあった。僕は自転車旅行者に出会えることを喜び、荷物を置いて夜のニースの散策に出かけた。
DSC_3171.jpg

 ホステルに戻り、ドームのドアの前に立つと中から野太い悲鳴のような音が断続的に聴こえてきた。中に入るとそれは黒人男性のいびきだった。ベッドで道路工事が行われているレベルの騒音で、これまでの人生の中でダントツにやばいいびきだった。ただうるさいだけでなく非常に性質が悪い。音に規則性がなく、数々の音色をランダムに使い分け、そのどれもがとてつもなくうるさい。部屋を離れ、憂鬱な気持ちで歯を磨いていると、髭もじゃの若い男性が部屋にやってきた。僕ともう一人の自転車旅行者以外のベッドはすでにほとんど埋まっていたので、話しかけてみるとやはり彼も自転車で旅をしているとのことだった。ステファノという名のイタリア人の彼は、マドリードからトリノの実家を目指しているらしい。部屋に入った彼の第一声は「Oh,shit!」僕等は一端、バーに避難し、旅の情報を共有することにした。
「俺は明日、ここからジェノヴァに向かう途中のインペリアに行くんだ。そこで親父の知り合いのアパートに泊まれるんだけど、良かったら一緒に来ないか?」
 ステファノが言った。魅力的な提案に思えたけど、翌日はどうしてもニースから10km程離れた崖の上にあるエズ村を散策したかったので、翌朝に断るつもりでとりあえず答えを保留にしておいた。

 部屋に戻ると相変わらずものすごい騒音だった。何とか眠ろうと思ったけどとても眠れない。最終的に黒人男性が祈りのような言葉を大声で唱え始めた時点で、僕は眠ることを完全にあきらめ、ラウンジで翌朝までずっと今後の旅の計画を立てていた。黒人男性が起きたのを確認し、ベッドに戻れたのは朝の七時頃だった。

 何とか二時間程眠って、朝食を食べに行くとステファノは先に座っていた。彼はどうやら枕の下に潜り込むことで、僕よりもちゃんと眠ることが出来たらしい。
「今日の計画は決まった?」
 彼が訊いてきた。僕は完全に断るつもりでいた。ただでさえ断る方に傾いていた上、昨夜はほとんど寝れていないし、おまけに外は追い打ちをかけるように雨が降っている。なのに僕は「一緒に行かせてくれ」と答えていた。「エズ村にはどうしても寄りたいから少し遠回りになるけど寄らせてくれないか」と頼むと、ステファノは快諾した。僕達はまだ睡眠を求める体に鞭を打ち、エズ村に向かって出発した。
DSC_3174.jpg

44日目の走行距離約48km(ロカ岬からの走行距離2451km)。
45日目の走行距離約72km(ロカ岬からの走行距離2523km)。
46日目の走行距離約79km(ロカ岬からの走行距離2602km)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/23-5cfebc52


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。