旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ちが昂ぶって眠れないので、このブログのタイトルについて書きます。
最初の記事で更新が滞る雰囲気を醸し出しつつ、早速次の記事を書いている。
これはなかなかいい傾向。

学生の頃、世の中の多くの若者と同じく、自分探し的な何かが大きなモチベーションになって、
わりとよく旅をしましたが、旅を重ねるにつれ、そういうモチベーションは
どんどん薄くなっていきました。
どんなに遠くに行こうと自分は自分で、ここじゃないどこかで自分と違う自分を探しても、
そんなの見つからない、そういうことに気づいていったからだと思います。
そんな訳で、今回の旅行では何かを探したいという、気持ちはあんまりありません。

じゃあ、何が自分を旅に衝き動かすんだろうとと考えたときに、
いくつか思い浮かんだ理由の中で一つしっくりきたのが、
見たことのない風景や、会ったことのない人たちを通り過ぎていくことで、
自分の中に生まれる(現象する)何かを見てみたいという願望でした。

そんな訳で、このブログのタイトルは「旅の現象学」になりました。
ちゃんちゃん。
自分語りは少し恥ずかしいので、歌うたい仲間からもらった風呂敷↓
スポンサーサイト

コメント

本当は

ギターを送ろうかと思ったが、さすがに自転車に積むのは厳しかろうという
良心の声に従い、諦めた。更新、楽しみにしているよ!

Re: 本当は

いただいた餞別でハーモニカを買います!ありがとうございました!

> ギターを送ろうかと思ったが、さすがに自転車に積むのは厳しかろうという
> 良心の声に従い、諦めた。更新、楽しみにしているよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokosadokosa.blog.fc2.com/tb.php/2-f0da40d0


より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。