旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィリップ宅から出発する際、フィリップから家の庭で採れたオレンジとレモン、それにパワーが出るからとにんにくを数個ずつ、手渡された。オレンジとレモンはありがたいけど、にんにくはどう食べればいいんだろう…。そして僕達は例のごとく日本で会おうと約束して別れた。

次の目的地、ドゥブロブニクまでは約220km。スプリトに一日長く滞在した分の遅れを取り戻そうと、二日で着こうと思っていたのだけど、自分でも驚くほど足のふんばりが効かない。どうも三日前に140km走った際に、しつこい疲れがたまってしまったような気がする。そしてクロアチアの海岸線は、非常にアップダウンが多く足にくる。まぁそれが故に景色が素晴らしいのだけど。途中で二日間でドゥブロブニクまで走ることをあきらめ、この日はスプリトから60km程のマカラスカという町に泊まった。

こんな感じに海岸近くまで山が張り出している。
DSC_4520.jpg

日が沈んだ後の海辺の小さな町。三日月がとてもきれいだった。
DSC_4550.jpg

次の日も前日と変わらず足が重かった。海岸線の景色は相変わらずきれいなのだけど、遠くの山肌にうねうねした上り坂が見えると精神的にしんどい。この日も前日と同じくかなりのスローペースで60km程しか進むことが出来なかった。
DSC_4535.jpg

フィリップがすごくいい景色だよ、と言っていた海の近くに点在する湖群。ぎりぎり日没前に到着。
DSC_4572.jpg

次の日、ドゥブロブニクまでの距離はまだ100km以上残っていたけど、この日の内に絶対着くぞ、と決心して早い時間に出発した。

この日は内陸の田園風景が素晴らしかった。
DSC_4593.jpg

DSC_4605.jpg

陸路でドゥブロブニクに行くには、10km程ボスニア・ヘルツェゴビナを通らなければならない。道を走るだけかなと思っていたのだけど、途中に以外と大きな町があった。
DSC_4613.jpg

クロアチアに戻り、60km程走るとドゥブロブニク。途中、落石の除去で足止めを食らったりして遅くなってしまったけど何とか到着。

夜のドゥブロブニク。
DSC_4650.jpg

よく月を眺めた三日間でした。
DSC_4628.jpg

DSC_4632.jpg

66日目の走行距離約57km(ロカ岬からの走行距離4007km)。
67日目の走行距離約59km(ロカ岬からの走行距離4066km)。
68日目の走行距離約104km(ロカ岬からの走行距離4170km)。
スポンサーサイト
 プリトヴィツェ湖群国立公園からは沿岸のスプリトという街を目指して走った。スプリトまでの距離は約210km。二日で到着するべく出発したのだけど、一日目はこの旅始まって以来の強い向かい風が吹いていて、全くスピードが出なかった。ただこういう日は道行く人たちがいつも以上に優しい。

車を停めて、缶入りの飲み物をくれる男性二人組がいたのだけど、見たらビールで笑った。日本だと飲酒運転幇助になる気がする。
DSC_4317.jpg

 夕暮れ頃、道路沿いのレストラン前で自転車を止めて地図を確認していると、レストランにやってきたおじいちゃんが、めちゃくちゃ親しげに握手したり肩を組んできたりしながら一緒に何か飲んでけ、と言ってきた。暗くなる前に近くの町で宿を見つけたかったので、遠慮したかったのだけど、うまくこちらの意思を伝えることが出来ず、結局飲んでくことに。そして「ノーアルコール」と言ってコーラを頼んだにも関わらず、結局出てきたのはアルコール入りのコーラ。おじいちゃんは終始にこにこドイツ語(クロアチアはドイツ語を喋れる人が多い)で何か話してたけどほとんど何言ってるのか分からなかった。言葉が途切れると取りあえず「乾杯!」。一杯だけのつもりが結局三杯も飲まされてしまった。でも懸案だった宿探しは、ここのレストランの主人が隣町で経営している宿に安く泊まらせてもらえることになったので助かった。

絵に描いたような農家のおじさんだけど、車の整備とかをやっていた人らしい。
DSC_4328.jpg

 結局この日は70km弱しか走れなくて、翌日スプリトに着くには約140km走らなければならないことになった。で翌日、ひたすらこぎ続けて何とか着きました。走った距離はこの旅最長の143km。ただその後数日疲れが残り続け、自転車が明らかに重くなったので、あんまり効率が良かったとは言えないと思う。

スプリトの町並み。昔の宮殿の遺跡の中が町になっている。
DSC_4400.jpg

 その翌日はスプリトに留まり、町を散策したり、洗濯などの用事を片づけたりしていたのだけど、午後ブレーキ交換のために来た自転車屋の入り口で前のお客さんが出てくるのを待っていると、目の前の道路で信号を待っている車から男の人が出てきて、何やらこちらに向かって叫んでいる。最初は自転車屋の知り合いか何かだと思っていたのだけど、どうやら僕に向かって叫んでいるらしい。何なんだろうと思っていたら、彼は車の中から金色に光る缶を取り出し、高々と掲げた。僕は思わず大声をあげてしまった。それは前々日に僕が路上でもらったビールだった。それから彼はこちらに駆け寄ってきて、抱きついてきたのち握手をした(クロアチアの人は本当にスキンシップが多い)。彼は前々日に車をとめてビールをくれた二人組の一人だった。「まさかこんなとこで会うとは思わなかったよ。クレイジーだね!」フィリップと名乗った彼は言った。僕達はしばらく立ち話をした後、夜に待ち合わせをしてごはんを食べに行く約束をし一旦別れた。

 夜、フィリップと落ち合うと、僕にビールをくれたもう一人の男性のところに行くことになった。車の床には僕がもらったのと同じビールが三本転がっていた。この国に限らずヨーロッパには飲酒運転と言う概念がないんじゃないかと思う。もう一人の男性はヴェドランといい、フィリップの奥さんのお父さんとのことだった。彼が自転車で走る僕を見かけ、ビールをあげようと決めたのだと、フィリップは言った。「彼にビールをあげよう、いつかまた彼に会うときがあるかもしれないからってヴェドランは言ってたんだよ。それがさっそく今日だとはね。まったくクレイジーだよ!」とフィリップはクレイジーを連発していた。

 ヴェドランの家で彼の家族と一緒にごはんを食べた。その時、ヴェドランがサロン経営者だという話を聞いて、僕が何も考えずに髪を切りたいと思ってたと言ったら、ヴェドランはじゃあ明日うちで切っていけばいいじゃないかと言った。ちゃんとコミュニケーションがとれるヴェドランに切ってもらえるのはとても魅力的に思えたのだけど、先を急ぎたい気持ちも強く(そのために前日に140kmを走ったりしている訳で)、迷いながらも翌朝出発する方に傾いていたら、フィリップが「明日の朝、俺、水道関係の仕事があるんだけど一緒にやらないか。その後に髪切ればいいんじゃない」という訳の分からない提案を始め、しかしなぜかそれがとても魅力的に思えて、結局その話に乗ってしまった。

ヴェドラン一家。一番左がヴェドラン。左から二番目がフィリップ。
DSC_4425.jpg

 翌朝、七時半にピックアップしてもらい、向かった先はフィリップの知り合いの家。そこの庭に水道管を通すための溝を掘るのがその日の仕事だった。「このケーブルは電話線だから気を付けてね。この前、間違って切っちゃてさ。周りの家の電話が使えなくなっちゃったんだよ」仕事の説明の際、フィリップはくったくのない笑顔で言った。何と言うゆるさだろう。日本で自分が同じことをやったら間違いなく胃痛に苦しむはず。

何てゆるい表情なんだ。
DSC_4430.jpg

 仕事を終えると、ヴェドランのサロンに連れて行ってもらい、髪を切ってもらった。外国で髪を切るの不安だったのだけど、すごくいい感じにしてもらえた。切り終わってお金を払おうとするとヴェドランがいらないと言うので、「この髪、すごく気に入ったし、あなたはプロなんだから払わせてよ」と僕が言うと、「じゃあそこのバーで飲み物をおごってくれ」とヴェドランが言った。それでバーで一緒に一杯飲んで、店長にお金を払おうとすると、今度は店長が首を横に振った。うわー。

 髪を切った後は、ヴェドランの家でお昼ごはんをごちそうになり、その後、この日泊めてもらうことになっていた郊外にあるフィリップの家に自転車で向かった。その後もフィリップと彼の家族と一緒に川辺を散歩したり、知り合いの溜まり場でサッカー観戦をしたりと一日中、ゆったりとした暖かい時間を過ごさせてもらった。

川辺のフィリップ家。
DSC_4458.jpg

ガレージを改造した溜まり場で地元のおじさんたちと。フィリップは30歳で周りのおじさんたちと比べるとだいぶ若いのだけど、彼らと自然な友達付き合いをしているように見えた。すごくいいなと思った。
DSC_4511.jpg

62日目の走行距離約66km(ロカ岬からの走行距離3797km)。
63日目の走行距離約143km(ロカ岬からの走行距離3940km)。
すごくいい場所だったので写真をまとめてみました。ここは新緑の季節にぜひもう一度来てみたい。
DSC_4130.jpg

DSC_4196.jpg

DSC_4221.jpg

DSC_4154.jpg

数えきれないほどの様々なバリエーションの滝。
DSC_4224.jpg

DSC_4231.jpg

DSC_4244.jpg

DSC_4172.jpg

DSC_4303.jpg
宿を出て20km程でクロアチアの国境に着いた。この旅を始めて初めてのアクティブな国境。ここから先は通貨もユーロからクーナになる。
DSC_3954.jpg
DSC_3967.jpg

20kmほど峠を下っていくとアドリア海に面したクロアチア最初の町(小さな集落は除く)が見えてきた。
DSC_3977.jpg

町に入り、すぐにここが今まで通ってきた町とは違う町なのだと感じた。具体的にどこが違うと言うのは難しいけど、歩いている人の表情、植えてある植物の種類、建物の色合いなど色々な要素の組み合わせが僕にそういう印象を与えたのだと思う。ちょうど十二時の鐘が鳴っていた。世界がどこまでも広がっているような気がしてそれがたまらなく嬉しかった。

そこから更に10km程進んだリエカという街。
DSC_3983.jpg

しばらく海沿いの道をこいでいく。複雑に入り組んだ入り江、沖に浮かぶ大小様々な島々が作り出す海岸線は絶景の連続だった。
DSC_4039.jpg
DSC_4050.jpg
DSC_4058.jpg
DSC_4071.jpg

翌日も絶景が続く。
DSC_4079.jpg
DSC_4083.jpg

海の透明度がやばい。鼻をつく潮の匂いが全くしないので真水のように思えてくる。
DSC_4099.jpg

 セニと言う町までずっと海岸沿いを走った。セニに着いたのは12時頃。この日はここから内陸部に向かって80km程走り、プリトヴィツェ湖群国立公園近くの宿まで走る予定を立てていた。ただでさえタイトな予定だった上に、セニで明らかに長期旅行をしている人の自転車が二台並べて置かれているのを見つけ、持ち主を待っていたら出発するのがかなり遅れてしまった(二台の自転車はアメリカ人の若い夫婦の旅行者のものだった。彼らも僕と同じくイスタンブールを目指しているとのことなので、たぶんこれから先も会うことになると思う)。
  
 地図を見て、セニからしばらくは山を登ることが分かっていた。僕はふだん一人で山を登るときは途中で何度も止まりながらゆっくり登るのだけど、時間がおしていたので、自転車を降りずに登れるところまで登ってみようと決めた。最初は軽い気持ちで決めたことだったのだけど、ペダルを1000回回すまで、次の大きな上り坂を越えるまでと、何度か小さな目標をクリアしていくうちに、いつからかここで自転車を降りたらそこで自分の限界が決まってしまうような気がしていた。それで僕は、頭や心でどこまで登るのかを決めるのではなく、体が本当に動かなくなるまで登り続けようと決めた。

 埃をかぶったバッテリーを一つ一つ目覚めさせていくような感覚を覚えながら、自分でも驚くほど長い時間登り続けることが出来た。途中で小学五年生のときの縄跳び大会のことを思い出した。運動があまり得意ではない僕だけど、そのときは自分のどこからかエネルギーを引き出し続けることが出来て、ふだんよりずっと長い時間飛び続けることが出来たのだ。それ以来、その時ほど自分のリソースを使いきってからっぽになれたことはなかったと思う。自転車をこぎ続けながら、本当に体が動かなくなるまでこの山を登り続けることが出来たなら、その時の自分に届きそうな気がしてきていた。

 結局、それは叶わないまま終わった。標高700mの標識を越えた時点で峠が終わってしまったからだ。その後もずっと道は続き、降りずに自転車をこぎ続けたけど、平坦な道で山を登っているときの感覚はなかった。最終的に日が沈んだ後、夜道を走る準備をするために自転車を降りた。体が動かなくなるまでこぎ続けるという目標は叶わなかったけど、自分の中に重みのあるエネルギーの塊のようなものを感じた。

降りた時点で、走った距離は45km、時間は約三時間半だった。 
DSC_4103.jpg

58日目の走行距離約101km(ロカ岬からの走行距離3535km)。
59日目の走行距離約114km(ロカ岬からの走行距離3649km)。

より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。