旅の現象学

2012年から2013年にかけてのユーラシア大陸自転車旅行の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 インドに飛ぶ前にドバイに寄った理由は二つ。一つはインドに安く飛べること、もう一つは買い物天国と呼ばれるドバイで一眼レフカメラを買うこと。

 という訳でまず初日にカメラを買った。ドバイには世界一のショッピングモールを初め、色々なところに大型の量販店があるのだけど、そういうところは日本の1.5倍くらいの値段とかなり高かった。結局、電気屋街の店をはしごして一番安かったところで買ったのだけど、それでも日本よりは一二割増しの値段だった。新しいカメラの試運転で今回は写真がメイン。

高層ビルが建ち並ぶウォーターフロント。
DSC_0030.jpg

高さ828メートルの世界一高いビル、ブルジェハリファ。
DSC_0026.jpg

ブルジェハリファと世界最大の噴水ドバイファウンテン。
DSC_0040.jpg

ブルジェハリファ以外にも、近未来的な高層ビルが色々ある。
DSC_0036.jpg

世界最大のショッピングモール、ドバイモール。モールの中に水族館やスケートリンクがあったりする。驚いたことに大型の紀伊国屋書店もテナントとして入っていて、日本の本もたくさん置いてあった。
DSC_0022du.jpg

 ドバイでは、洗練されたデザインの建物や資本主義に鍛えられた商業施設、何の干渉もしてこない人の集まりに久しぶりに接し、日本にいるときと同じような感覚を覚え、少し懐かしく感じたりもした。

新しい区画とは打って変わって、オイルマネーに潤う前からある古い区画はだいぶ雑然としている。アラブ人、黒人、白人、アジア人と、様々な人種の人がそれぞれのスタイルを持ったまま集まっていてエネルギッシュ。
IMG_0492.jpg

 ドバイからデリーへは、エミレーツ航空で飛んだ。荷物の数や大きさの制限が緩いので、エミレーツを選んだのだけど、結局、重量オーバーで超過料金が8,000円くらいかかってしまった。

自転車の梱包はイランから飛んできたときと同じ。車輪を外し段ボールとテープでぐるぐる巻き。
DSC_0047.jpg

約3時間のフライトでデリーに到着。
DSC_0046du.jpg
スポンサーサイト

より大きな地図で 旅の現象学 を表示

さんふぃ

Author:さんふぃ
ポルトガルロカ岬から、日本に向かって主に自転車で旅行中です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。